ファンデーションどんなものを使っていますか?

こんにちは、マミです。ファンデーションと一口で言っても最近では様々な種類が揃っていてどれがいいのか迷っているかたも多いですよね。今回は私が目的別に使い分けているファンデーションをご紹介していきます。

一般的な形状でいうとファンデーションにはリキッドファンデーション、パウダーファンデーション、クリームファンデーション、クッションファンデーションなどがあります。そして、成分で分けると化学合成による成分を使ったファンデーション、天然のミネラルなどが主成分のミネラルファンデーション、化粧下地と一緒になったBBクリーム、肌色補正ができるCCクリームなどに分けられます。BBクリームとCCクリームの違いが実はよくわからないよ、という方にまずは違いについてご説明します。

BBクリーム(BBとはBlemish Balmの略)は高いカバー力があることで知られ、1本で化粧下地、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーションの役割を果たす優れものです。そして、CCクリーム(Care ControlまたはColor Controlの略)は化粧下地、日焼け止め、肌色補正として使われています。

選び方としては肌に赤みがあったり、凹凸が気になる、シミやソバカスが目立つ場合にはBBクリームを選ぶといいでしょう。CCクリームは日焼け止め効果と肌をワントーン明るくしたい時に使うのがおすすめです。

私の場合、ちょっとした散歩に出る場合はCCクリームのみです。保湿効果も高いうえ、透明感がありお肌への負担が少ないので気に入っています。石鹸で落とせるオーガニックコスメを愛用しています。

また以前ならしっかりメイクをしたい場合、最初に化粧下地、次にクリームファンデーション、最後にルースファンデーション(お粉)をはたいていました。ですが、オールインワンな商品が増えたお陰で選ぶ化粧品も変わってきました。

今では会社に行く際にはBBクリームが入っているクッションファンデーション、そのあとルースファンデーションの2ステップです。BBクリームで一度にメイクができちゃうところが手放せない理由。日焼け止め効果、カバー力もしっかりしているのでもう手放せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。